すすきの通信&Refine スタッフブログ

ジョリー

悲しいお知らせ


昨シーズンに初めて行って、大好きになった『かもい岳スキー場』が経営難にて営業終了となりました。
新聞のニュースにも載ってましたね。

最後だから、滑り納めに行こうっ!!
と頑張って早起きして、かもい岳へ向かったのは3月始めの土曜日。
天気のいい暖かい日が続いていたので中央区はほぼ雪のない状態だったけど、山はまだイケる!!と思ってました。
今季の営業は3月31日までとなってるし、行くならここしかない!!と思っていたのですが。。。



なのに、なのに。
営業していませんでした。

https://www.hokkaido-np.co.jp/article/281688

なんと、3月1日に破産申告を出したのだと、帰ってきてから知りました。

なんて残念なんでしょう。
もっと早くに。。。なんて考えてもどうしょもないことを考えたりして。

今季は寒かったけど、雪は少ないのにさらに一気に暖かくなったりして地元民に愛されているローカルなスキー場はどこも大変だったのだろうなと思いますが。リゾートスキー場より、ローカルスキー場が好きなジョリーと彼としては無くなっていくのはかなり悲しい!
でも、個人の力ではどうしょもないのも事実。

あぁ。
あの最高の瞬間は思い出として残るだけの物になったんだなぁ。


<2018年2月の最高だったあの思い出の日>




※ そぉいえば ※

せっかく早起きしたのだからと、そのまま帰るのは淋しいので、結局たどり着いた


『 岩見沢 萩の山スキー場 』


駐車場もいい所に停められて、お客さんも多くなく、雪はザクザクだったけど、環境良かったのに。
彼は暑いからとヘルメットも被らずスノースクート。
いつもすれ違う子供は、スノースクートの彼をガン見していたりするので、その状況に慣れてましたが、今回はリフトに乗ってるすべての人が彼らの足元を滑り降りる得体の知れない物に乗る彼を追いかけてまで見ているのを彼の後ろを滑っていて目撃してしまい、いつもより注目を浴びていることに面白くなりすぎてジョリーは大声出して笑ってしまいました。
だって、リフト上から指を指して興奮した子供が隣のお母さんに教えていたり、してるんだもん!
アイドル並みに注目度満点でした(笑)
しかし!
酔い止めを飲み忘れたジョリーは途中で具合悪くなってしまい、トイレへ。
たいした食べてもいないので吐くものもなく、騙し騙し滑ってみるものの、リフトでは大丈夫なのに、雪面に降りて滑り始めるとまた吐きそうに、を繰り替えして結局リタイヤ。
体調不良で終了。
すいませんでした。

今季最後は華々しく3月30日に再オープンの黒岳で気分上げて終わりたいっ!!!



コメントする