すすきの通信&Refine スタッフブログ

ジョリー

ハサミとスコップは使いよう


忘れるところだった。

喉元過ぎれば・・・なんて言いますか?
痛みも辛さも無くなってしまえば忘れそう。
5月も中旬な雨降るちょっと寒い日曜日。
厚別の某JAで排水管交換工事に行ったのでした。

給水管工事はすでに終わっていたのですが、水使ったら排水が流れないとの苦情から、
現在の排水管がどこに繋がっているかを調べることも必要だと現場で聞き、
もう、ちょっとした宝探しになりました。

結局見つからず、大元のマスから繋ぎ直すことに。


新しい配管を通す為に、アスファルトを剥がして、穴を掘る。


穴掘りはユンボでやるので、ジョリーはただ見てるだけ。

本来なら、ユンボで掘る人、ある程度穴掘り進んだら配管組む人、配管組み終わったら終わった先から埋める人と段取り良く進めるのですが、ユンボ乗れる人と配管組む人が同じな場合、作業が順調だったとしても早くは終わらない。
ジョリー彼は終始トラック運転手で居なかったため、穴掘り現場ではいつもお馴染み潤Zさんと「うーんどうすればいいんだ?」状態。
資格保有者って大事ですなぁ。

免許のないジョリーはただただ肉体労働。
ユンボに乗れるわけじゃないから、スコップ片手に穴埋めです。

埋めて、ランマーかけて均して、砂利入れて、ランマーかけて均して、高圧洗浄機で回りを洗い流して、
終わったころには薄暗い時間。

肉体労働は無心になれるから嫌いじゃないけど、やっぱり過酷。
1日の大半を運転手していた彼は元気で、終わった後「ちょっとバニー(BMXのバニーホップ)跳ぶんで見てもらってもいいですか?」と言われましたが、汗だくで疲れ果てたジョリーはキッパリ断りました(笑)

もうちょっと慣れると動けるようになるもんか?
疲れないスコップ使いを見つけれるように頑張ります!!

ん?
だからジョリーはなに屋なんだ?



コメントする