すすきの通信&Refine スタッフブログ

ジョリー

とおまりふたすべり


雨ですねぇ~。
ツルツル道を歩くのが嫌なので、早く融けて欲しいと思う反面。
山だけは無くならないでくれ!!雪っ!!
と思う今日この頃。。

全道的に『雨予報』だった日曜日。
もしかしたら北へ行けば大丈夫なんじゃないか!と淡い期待を持ってた彼が
朝6時起きで向かった先は・・・・・・・・・・・


【 かもい岳国際スキー場 】

営業時間前に到着するも

やっぱり雨。
それもけっこうなかなりの雨(笑)


諦めきれなくて? ゲレンデまでいってみる。
ひとっこひとり居ない。。。
でも、こんな日でもコースはキッチリビッチリキレイに圧雪してありました。
雨さえなければ。。。

ちなみに、西ゲレンデにも行ってみましたが、オープンの時間なのにリフト動いてない。
ん?
と思いましたが、

メインのロッジに張り出されてました。

風吹いてるか???
ま、まぁ大人の事情ってやつですね。

雨降りなのに諦めきれない一行。
気象庁の雨雲レーダーを見ていたジョリーがあることに気が付く。
「札幌石狩方面雨、旭川方面雨なのに、岩見沢はまったく雨雲かかってないよ?」

所々にある大きく深い水たまりを渡ってここまで来たのに、
また高速にのってとんぼ返りです(笑)

んで、最後の望みをかけて来ました。

【 岩見沢 萩の山市民スキー場 】 2016年以来2度目

この日は感謝祭だったので、滑り放題1,000円でした。

にしても。

こんなにコース短かったっけ?
初めて来たときは、初級者のためこの斜度、長さでも十分に滑れたけど、今となっては。。
とはいえ、短いコースもそれはそれで楽しいものです。

しかしながら、スキー場の気温もプラス4度。
溶けて水分を含んだ雪は、まーーー滑らない。
リフト乗り場付近がほとんど平坦なため、斜度がなくなったと同時にブレーキがかかる感じ。
結果なぜか途中から、いかに漕がないで勢いのままリフト乗り場の近くまで行けるか勝負になり(笑)
滑るというよりは、助走をつけてスピードを殺さない戦いになってました(笑)


この日はスキーの気分だったそうで。 今季3回目。
滑り始めは多少雨もパラついていましたが、それも次第に止み。

午後からはスノースクートにチェンジ。

ちなみに萩の山スキー場も全コース滑走可です。

っていうより、こんなの持ち込む人が居ないんですよ。
ここのスキー場ではリフトのスピードダウンはされませんでしたが、スタッフ、他のお客さんから好奇の目で見られてましたからね。
まぁ、仕方がない。

その間も気温は上がり、雪質はさらに水っぽく。

一カ所あるジャンプ用小山も、途中で勢いが止まるので下から見ていると『ぬっ』と顔を出すだけの始末(笑)
本日一番の爆笑ポイントも写真じゃ伝わらないなぁ。


途中晴れたりなんかして。
今日はここに来て正解でした!ととっても嬉しそうな彼の横で、このままナイターまで滑るのか?と不安になってくるジョリー。


本当にナイター照明が点きましてもまだしばらく居ました(笑)
気温が少し下がって、滑りやすくなったから仕方ないですけどね。
ジョリーもこの時間が一番全開の滑りだったし(笑)

3月。
雪は融ける一方ですね。
今日、明日は雨降り。
週末もプラス気温。

今年最初はとても寒かったので、本当にGWまで楽勝に滑れるんじゃないかと思ってましたが、
当たり前だけど、春になると暖かくなるんですねぇ。
なんだか残念な気持ちになるのはなんででしょうね。




コメントする