すすきの通信&Refine スタッフブログ

ジョリー

とおまりいつすべり


雪が降ったり、積もったり、溶けたり、水たまりだったり。
歩きづらいので早く溶けて乾いて欲しいのですが、山にだけ良質な雪が残らないかな。
なんて思う毎日です。

シーズンは終盤に差し掛かってまいりましたが。
こうなるとスキー場選びが大切になってきます。

久々に訪れました。

朝里川温泉スキー場

この日は新聞社主催のジュニア大会を行っていた為、近い駐車場に停められず、奥から過酷に歩きました。
1日の中でここが1番疲れるのですよ。ホント。。

ここのスキー場にはゴンドラが無いので、リフト3本を乗り継いで頂上へ


思い出しましたが、前回もこの長いリフト移動ですっかり体温を奪われて、晴れているのに過酷だったんだ。
まぁ、前回とは気温が違えど風を遮る木々がないので時々強風にあおらる。やっぱり寒い。
だんだんと「滑り降りる時間より、リフト乗ってる時間の方が長くないか??」とすら思うほど。

この日の彼はスキーヤー。

「フォームの確認をしたいんだよね。」と突然言い出して、熱心に自己調整。

スノーボードでヨコノリしたり、スキーでタテノリしたり、よく混乱しないなと感心です。


さすがに今回は山を登って、自分の滑った跡を確認したりはしてませんでしたが。。
ジョリーは彼より先に降りてしまうので「どぉ??」と聞かれても答えてあげられませんのよ。
すいません。


体感的にはそんなに滑った感じはしないのですが、納得のいく滑りはできたのでしょうかね?

普段はTシャツにウエアという格好でも汗だくな彼が、この日はトレーナー着ても寒いと言う。
異常です。
体調不良を通り越して、病気です。
本人は大した事ないと思っているみたいですが、やっぱりどこか辛いらしく早々に切上げです。
日が傾く前に帰宅なんて、今季初かも。

今年の札幌周辺は昨年より雪が多いので、より長く滑れるとは思いますが。
3月の始めですでに山の下の方はガリガリのアイスバーン状態。
さらにエッジで削られていくので、ザラメ状態の小山があちらこちら。
こぉなるとスキーにはツラい。
雪の状態を見て、次回からはスノーボードにしますっ!!と裏切る彼。

ここからなん滑りできることやら。。。



コメントする