すすきの通信&Refine スタッフブログ

極悪ぱんだ

パリの夢 モラヴィアの祈り


近代道立美術館で大好きなアルフォンス・ミュシャの
展示会が開催されているので行って来ました。


誰それ?という人もいるかもしれませんが、
おそらく一度は彼のデザイン、イラストを見た事があるハズ。
↓コレ




アール・ヌーヴォー様式を語るに彼を外す事はあり得ない、
巨匠「アルフォンス・ミュシャ」。
「アール・ヌーヴォー=アルフォンス・ミュシャ」
といってしまっても過言ではないです。
星、宝石、花などの様々な概念を女性の姿を用いて表現するスタイルと、華麗な曲線を多用したデザインが特徴で、現代で言うなら、グラフィックデザイナーで画家で舞台デザイナーで服飾デザイナーでもあるマルチクリエイター。
彼の生み出したデザインは現代のデザインに通ずるものです。
今回は見た事の無い作品も多数展示してあり、まさに眼福v。
やはり美術館はよいな〜と実感できた時間でした。

最後にこの間いつものメンバーで食事したときに出て来た衝撃のおにぎり…


でかっ!!

比較対象でわかりますでしょうか?
かるくご飯2膳分はある感じ(笑)。しっかりジョリー氏が完食しておりましたw



コメントする