すすきの通信&Refine スタッフブログ

カヲルちゃん

さあ! 2014年日本ダービー!


今週は日本ダービーですね。1年で最も盛り上がる競馬の祭典です。

どうやら皇太子殿下も行啓されるとか。いやはや身が引き締まる思いです。しっかり予想しました。



皐月賞に引き続き混戦模様。今回は少し配当狙いで本命は「トーセンスターダム」



昨年のキズナに続き武豊とディープインパクト産駒のコンビです。競馬で勝つのは簡単、毎回ディープ(産駒)を買えばいい(by種牡馬辞典 田端到・加藤栄 著)

かといってディープインパクト産駒は他にも数頭出走します。

その中で、この馬を狙う理由は近親(母母の子、いわゆる叔父)におととしのダービー3着馬トーセンホマレボシ、同じ東京2400mジャパンカップ勝ちのトーセンジョーダンがいる点。

それから持論ですが、疲労蓄積の点から皐月賞惨敗がかえって好都合に思えます。本来あまり疲労耐久が高いといえない(と思う)ディープ産駒。同馬は皐月賞では内よりの枠を引き、予想以上に好位置につけてしまい多頭数で競り合う状況が終始続いたため、精神的な幼さから最後の直線は走るのを自分から辞めてしまったと読んでいます。その点あまり疲労を残さず今回のダービーに向けて調整してきているはずです。調教タイムを見る限り抜群の状態に仕上がっているのは明白!

展開

今回は外枠を引き、よっぽどひどい出遅れでなければ大丈夫。外から内にいる各馬の様子をうかがい揉まれない位置で気持ち良く足をためます。皐月3着のウインフルブルームあたりがひっぱることでペースはスロウにはなりません。最後直線、先行勢が力尽き差しがきまる展開になれば勝機あり。有力馬たちが先に動くのを待ってここで武豊のダービー名騎乗、外目を追い出し最後ゴール直前で差し切ります。いや2着でもいいことにしよう。

有力馬、穴っぽいどころへ馬単マルチで手広く!

期待の対抗馬はここ5年のダービー勝馬の血統にこっそり入っているブランドフォード(100年位昔の馬)の血を持つワールドインパクト、ウォッカ、スマイルジャックといった東京大好き産駒が多いタニノギムレット産駒のハギノハイブリッド!

さあ2014年東京ダービー! 実は1度も当てたことのない苦手ダービー! 全馬怪我なく無事にゴールするんだよ。



コメント(2)

    “さあ! 2014年日本ダービー!” への2件のコメント

    1. コルバ より:

      最近、本格化の兆しがみえるコルバです。
      ズバリ、レッドリヴェールからベルキャニオン、ハギノハイブリッドへのワイド2点が本線です。今年の牡馬は抜きん出た馬がいなく大混戦模様。牝馬のほうがレベルたかそう。ハーブスターとの直接対決をさけ、一発狙ってきた気配を感じる。相手も人気薄、前走プリンシバル、前前走皐月は09,3着アントニオバローズと同じステップ。共同通信杯の上がり33.1は皐月賞馬イスラボニータを上回る。ハギノは前走京都新聞杯、前前走500万は12’3着トーセンホマレボシと同じ、去年も京都新聞杯からのキズナが1着。今年も!人気薄を選んだので、手堅くワイド馬券です。カヲルちゃんがアップしたあと、展開の鍵をにぎるウィンフルが取り消し。カヲルちゃんに再度予想を!

    2. カヲルちゃん より:

      いやはや。勝負にきた感じのコルバさん。まさかのウインフルブルームの回避で展開予想がやり直しに。平均ペースと考えていましたが、近年の競馬を象徴するようなスロウ、上がり勝負の競馬になるでしょう。当初切っていたコルバさん指名のベルキャニオンも相手筆頭に浮上。
      しかし、本線は変わらずトーセンスターダム。枠が不安要素ですが、スタートから行きっぷりも良く、折り合いに不安のないタイプ。皐月賞ははじめての多頭数でとまどいがあったのでは。本来ズブい脚質でキレのない分、中山の舞台では力が出ないのでは。東京の舞台で父譲りの長くいい脚が活きます。3~4コーナー中間から押して押しまくるんだ武豊!

    コメントをどうぞ

コメントする