すすきの通信&Refine スタッフブログ

とおまりいつすべり


雪が降ったり、積もったり、溶けたり、水たまりだったり。
歩きづらいので早く溶けて乾いて欲しいのですが、山にだけ良質な雪が残らないかな。
なんて思う毎日です。

シーズンは終盤に差し掛かってまいりましたが。
こうなるとスキー場選びが大切になってきます。

久々に訪れました。

朝里川温泉スキー場

この日は新聞社主催のジュニア大会を行っていた為、近い駐車場に停められず、奥から過酷に歩きました。
1日の中でここが1番疲れるのですよ。ホント。。

ここのスキー場にはゴンドラが無いので、リフト3本を乗り継いで頂上へ


思い出しましたが、前回もこの長いリフト移動ですっかり体温を奪われて、晴れているのに過酷だったんだ。
まぁ、前回とは気温が違えど風を遮る木々がないので時々強風にあおらる。やっぱり寒い。
だんだんと「滑り降りる時間より、リフト乗ってる時間の方が長くないか??」とすら思うほど。

この日の彼はスキーヤー。

「フォームの確認をしたいんだよね。」と突然言い出して、熱心に自己調整。

スノーボードでヨコノリしたり、スキーでタテノリしたり、よく混乱しないなと感心です。


さすがに今回は山を登って、自分の滑った跡を確認したりはしてませんでしたが。。
ジョリーは彼より先に降りてしまうので「どぉ??」と聞かれても答えてあげられませんのよ。
すいません。


体感的にはそんなに滑った感じはしないのですが、納得のいく滑りはできたのでしょうかね?

普段はTシャツにウエアという格好でも汗だくな彼が、この日はトレーナー着ても寒いと言う。
異常です。
体調不良を通り越して、病気です。
本人は大した事ないと思っているみたいですが、やっぱりどこか辛いらしく早々に切上げです。
日が傾く前に帰宅なんて、今季初かも。

今年の札幌周辺は昨年より雪が多いので、より長く滑れるとは思いますが。
3月の始めですでに山の下の方はガリガリのアイスバーン状態。
さらにエッジで削られていくので、ザラメ状態の小山があちらこちら。
こぉなるとスキーにはツラい。
雪の状態を見て、次回からはスノーボードにしますっ!!と裏切る彼。

ここからなん滑りできることやら。。。



うっひょおおおお


雪が積もってるううううう。
こんにちは、CBA@ほぼ禁酒中です。

今年は雪が溶けるのが早くて、例年ならまだ雪で埋もれてるはずの我が家の前の通りも、アスファルトが見え始めていました。

にもかかわらずっ…

今朝は雪が積もっているっ…

しかも粉雪っ…

春は遠い (´Д`;)



とおまりよすべり


ここ最近なんだか暖かくて、街中の雪解けは進んでる感じですが。
早く春物着たいしパンプス履きたいんですけど、出来なくなるのはちょっと寂しい。

ので。
風邪引きジョリーからすると2週間ぶりに雪山へ行って来ました。

今回は彼の要望でテイネオリンピア・テイネハイランドへ行って来ました。

まぁ~雪ですよ。

終始雪降りです。
まだ明るい雪降りだからちょっとは耐えられる。
でも、ゲレンデ状態は゛パウダー” ジョリーは本当に苦手です。(整備良好な圧雪が好き!)
深く積もったパウダー状態でボーダーたちはガシガシエッチングし、ガシガシ転ぶ。
ボッコボコのモッサモサです。


ちなみにこの日、ボーダーに徹していた彼の調子はかなりイイ感じに戻ってきているそうです。
「HEADのキャンバーボードにして正解だわ!」とNEWボードの虜みたいです。
まぁ、ジョリーから見たら何も変わってるように見えないんですが・・・。

ジョリーの参加していない前回、スパルタ行動な910さんによってほとんど休憩を取らずに滑っていると後半ふとしたことで足がつってしまった!(水分不足です!!)とのことで2時間置きくらいに休憩しつつ。
この日唯一晴れたほんのひと時。
ジョリーはテンション高めで大声で熱唱しながら滑ってまして。
なぜか左足のスキーが突然外れまして、つっかかりまして、激しく転びまして。。。。
まぁ。
転んで、両足のスキーが外れて、さらに下まで転がった本人は何が起きたのか全くわからなく、
中に着ていたフリースに雪が付いて取れないイライラと斜面でスキーが履けないイライラとでこれもまた全く気付かない状態で写真を撮ったらこうなります。

カメラはどこもかしこも雪まみれでした(笑)

しかし。
晴れたのは本当にこの一時だけで、天候は酷くなるばかり。


ハイランドに居ましたが、一旦下へ降りることに

スキーでも辛いのに、ボーダーにはもっと過酷な連絡通路を降りてオリンピアへ

ん~。
降り積もる雪と雪降り用だけど安いから曇るゴーグル。
見えない状態で滑るのはとっても危険です!
上がってるのか下ってるのかもわからないから、気が付けばそこはコースではない段差(笑)
ジョリーはまだ行けそうな気がしてましたが、その考え自体が危険と彼に判断され粘れず終了。

片付けの時も雪まみれで、ICチケットを返しに行った彼はイライラし、なんだか散々でしたが、
こんだけ回数重ねていれば、こんな過酷な日もありますよ。

— おまけ —

駐車場に降りる途中、突然オーリーするもふかふかの雪で飛んでるのかどうかすら見えない図



激しく転んだおかげで、翌日から全身が痛い。
筋肉痛というよりむしろ打撲。
怪我してないのが唯一の幸運ですが、上手くなったからといって調子に乗るのは止めましょう!
・・・はい。




受動喫煙対策 電気加熱式たばこ規制対象へ


私は愛煙家です!

路上喫煙やポイ捨てはしないように心がけ迷惑にならないようにしているつもりなのですが

肩身が狭いです。

最近、電気加熱式たばこに変えたのですが(壊れたけど)

煙も出ない、匂いもそんなにしない

(吸わない人からはやはり匂いがするみたいですが)

圧倒的に従来の煙草より匂いがしないので、そこまで厳しくしなくてもいいのでは、と個人的に。

国のいい税収になっているはずなので、いい感じに飼い殺しをしてほしいですね笑



☆小林峠☆


皆さんは小林峠ってしってますか?



福井から北の沢に抜ける峠なんですけどね

限られたシトしか使い道のないマニアックな峠なんですよ、えぇ




あたしの友人の星井くん、、、仮にその人をHくんとしましよう

Hくんね、神社前のコーナーを車で攻めて横転する大事故にあってるんですよ

幸い一命は取り留めたんですがね、その数年後、、、

あたしの結婚式という大切な場でエックスの「紅」を熱唱しはじめたんですよ




あの失笑の渦を高砂から眺めていたあたしはこう思いましたよ……



「祟られてるな……」ってね




実は~あたしも神社前コーナーではバイクで転倒していてね

右手の親指を骨折しているんですよ




んでぇ~あたしもちょっと気になって調べてみたら

僅かながらに幽霊の目撃談もある微妙な心霊スポットだった……って話なんだ



証言してくれたのはあたしの父親で、仮にKさんとしておきましよう

Kさんね、神社コーナーから人が飛び出してきたと思って

慌ててブレーキを踏んだんだ!




「ヤバい!人轢いちまった~」



救護のために外にでたら、人なんかどこにもいなかったっていうんだ




「おいおい、よせやいって、そんなバカな話があるワケないだろう?」ってKさんにいったら

Kさんね「いや、本当なんだ…」っていうんだ




あたしねこの時、背筋がゾォーっとしましたよ




Kさんね、実は大槻教授張りの幽霊否定派だったんですよ




んでぇ~~~そんな地味な心霊スポット(?)の小林峠がですね

新しいトンネルが開通いたしまして

山頂まで行かなくても一気に北の沢に出られるようになったんですよ、えぇ




とても安全な道路になったので

まぁ~使うことはないと思うけど、何かの機会に利用してみてください……そんな話でした



冬は鍋


まだまだ寒いですね~

雪が溶けたと思えばまた降って…

春はなかなか来ませんね…

なのでまだ冬。

鍋が温まります。



久しぶりにモツ鍋食べました!

やっぱり美味しいですね。

ススキノにはたくさん美味しいお鍋の店があるので、ぜひススキノへ☆



☆旭岳ラビスタ2☆


≪1からの続き≫

結局ですね、夜になったらマイナス20度を超えたらしいんですよ





あたしもね、寒い場所は嫌いじゃないのでね

ついついテンションが上がってしまってね

あえて露天風呂へといってみたんですよ、えぇ





んで~、タオル一枚もって

素っ裸で大雪山の自然へと挑戦してみたんだ




するとね、あたしもびっくりしましたよ…

髪の毛も鼻毛も全部凍ってしまったんだ…当然なんですけどね、えぇ







結局、個室風呂も3湯全て制覇して

大雪山の自然を満喫させてもらいましたよ、えぇ



ちなみにぃ~夜は和食コースだったんですがね…

散々酒を買い込んでいったにも拘らず、スタッフの強い推しにまけて~

あたしね、勢いで地酒を購入していしまったんですよ




ジャスミン、押しに弱くてく結構!




もちろんその日グンデンになるまで

酔っぱらって終了でしたよ



ばっち軒


先日すすきのの古めかしい雑居ビル

3階にあるラーメン店に

行ってきました。





ビルの階段にはおぞましいほどの行列が

できてましたが、それは1つ下の階の

スープカレー店のです。

この店のでは決してありません。


はじかみは半分だけにしてください。



☆旭岳ラビスタ☆


先日ですね、嫁の本家に顔ださなくてはならいということでね

有給を頂いてですね、

北見までいってきたんですよ





まぁ、その流れでですね、

2日目は旭岳のラビスタに宿泊することにしたんですよ、えぇ




その日は天気が良かったんですがね

旭岳に登り始めた瞬間から猛烈な吹雪に見舞われたんですよ、えぇ




あたしね、これはなにかの祟りなんじゃないかなんて思いましてね

「ナンマンダブ、ナンマンダブ」って唱えながら

視界3メートルの旭岳線を走ったんだ



1キロ進んだあたりでしょうかね…

なんかね、背筋に冷たいものを感じるんですよ…





「なんかイヤだな~」なんて思いながら恐る恐る外気計に目をやるとね





その瞬間

あたしね、ゾッ~としましたよ





いま現在マイナス14度で、結局最終的にはマイナス16度までいったんですから

これは尋常じゃない!




ただそれだけねんですけんどね、えぇ


いや~あるんでんですね~こんなオチのない話って



公開録音


そぉいえば、先日ラジオの公開録音を見に(?)サッポロファクトリーまで行って来ました。



この公録を教えてくれて、「 一緒に行こうよ 」と誘ってくれた友達は引きこもり生活のくせにインフルエンザにかかり欠席。
ひとりぼっちでの参加です。
着いた時にはけっこうな人がアトリウムの両サイドにおりました。
そんなことよりなにより、居るファンの女子たちは大半が中高生。
三十路をだいぶ過ぎたジョリーはなんかいたたまれないし恥ずかしい。。。
この空間でひとりぼっちはツラい!と激しく友達を恨みました(笑)

内容は1時間の公開録音と公録が終わった後のミニライブ。
公録の際の声は反響してあんまり聞き取れませんでしたが、ライブは最高に良かったです。
すっかりハマってCDをGET。 聴きすぎて頭の中をエンドレスグルグルしております(笑)

ちなみに、この公開録音が放送されたのが2月19日(日)。
くしくもジョリーが体調不良でスキーを泣く泣く休んだ日。
家に居たにもかかわらず、聞きそびれるという。
そこに愛はないんだなぁ・・・・・・残念(笑)



このページのTOPへ