すすきの通信&Refine スタッフブログ

カテゴリー:  の投稿記事

4月の第2の日曜日。
札幌の最高気温は8度。
そこそこ暖かい日も続いてたりして。

「4月になったらちょっと落ち着くからスキー行く?」
なんて言い出した人がいるもんだから、まさかとは思いましたが、、、行ってしまいました。

<<<< 大雪山 >>>>

冗談だろうと思ってましたが、本当でした。

言い出しっぺの910さんハイエースに揺られる(ジョリーは熟睡)こと2時間(笑)
始めは旭岳スキーコースへ行くと言って出発したのに、寝て起きたら黒岳スキー場に着いてました。



層雲峡の温泉宿を抜けるとロープウェイの駐車場があり、そこで準備です。
スキー場にはロープウェイに乗って行きます。

20分間隔で運行中。


この時期だからか、混んではないけどそこそこ居ます。ボーダーが。

ロープウェイを降りたら、リフトまでゆるりとした上り坂を200mほど歩きます。

これがなんとも地獄!!
ジョリーはスキーを彼に持ってもらってるのに、先を歩く2人がどんどん離れていく(笑)

いやー寒い!
この日の気温はマイナス8度!
真冬です。
大雪を甘く見てた。。。カイロ2個しか貼ってないのに。。。

リフトは長くて、スピード遅めです。
のっけから寒さと戦いながら上まであがる。 なんと途中で雪がチラチラ。


念願のスノースクートの競演。
途中、乗り変えっこして違いを味わって、欲しくなって。。。。。。買いませんよ。

チラチラだったのが、どんどん降る。モサモサ積もる。

時々の突風がさらに体感気温を下げる。

サラっサラでフワっフワの雪が未圧雪のコースにどんどん積もる。

途中、男たちは見つけた天然ジャンプ台で遊び始め。


910さんは、いつもなんでも器用にこなしますなぁ~。ほんとカッコイイ。


いっぽう彼は。。。ジャンプこそカッコイイけど


着地して → バランス崩して → 盛大にコケる → 雪まみれ

寒いのに。雪まみれで冷たいのに。。それでも男たちは跳びたいらしい(笑)

しかし、見よこの雪質をっ!!
4月の中旬になろうかとしているこの日に、まったく重みを感じさせないパウダースノー!

ジョリーはパウダー好きじゃないですが、出来れば圧雪したコースを高速で滑りたいですが、
そんなジョリーが感動するほどのパウダー感っ!
これをパウダースノーとするならば、今までのパウダーと呼ばれる雪質なんてただの圧雪してない積もっただけの雪。
コースこそ林間コースとリフト下の3コースしかないし、距離もそんなに長くないですが、
このパウダーを経験できただけで、すごく楽しいかったです。
そんな日はあまりないだろうけど、晴れて大雪山脈が見渡せる日があれば本当に感動すると思うわぁ。

リフトの営業時間は15:30まで

極寒の中、手も足も指先が痛くなるほど滑って、そこそこでお帰りです。

スキー場では30cmくらい積もってたので、車の雪下ししないとダメだなぁ~なんてロープウェイの中で言ってたのに、駐車場まで戻ってみたら表面が白くなるくらいしか積もってませんでした。しかも暖かい。
標高の高い山ってやっぱりすごいね。

ジョリーたちの今シーズンはこれをもって終わりですが、
黒岳スキー場はGWの5月6日まで営業してますよ。

来シーズンのスキー遠足は層雲峡泊でここだなぁ~。


ーーーー おまけ ----

せっかくここまで来たのだからと、910さんが誰かからオススメされたラーメン屋さんに行きました。


ラーメン 蝦夷 (北海道上川郡東川町東町1-5-10)


蝦夷ラーメン(味噌)
豚バラの野菜炒めがラーメンの上にのってる感じでした。
いや。 美味い。
このラーメン食べにここまで行ってもいいかもと思うくらいでした。

食べて写真撮って帰るのかと思いきや「ジンギスカンを買って帰りたい!!」と出だす910さん。
それもうろ覚えの記憶で走り回る事数十分。
お腹いっぱいでウトウトしていたジョリーが一言「着いたら営業終わってました」ってことはないの?

はい正解。
営業時間9:00~18:00
店を発見したのが18:10(笑)

ウロウロしてなかったら間に合ったね(笑)

そこまでしても買いたかったジンギスカンが売っている精肉店がこちら。
『しのはら肉店』 http://www.jinjinjingiskan.com/

気になる方は是非。

ちなみに、砂川PAから東雁来の彼の工場まで30分で帰って来ました(笑)







カテゴリー:  の投稿記事

雪降ってますね。
まぁ。
まだ4月ですからね。
雪ぐらい降りますよ。
社用車のタイヤ交換は終わったんですけどね。

さてさて。
それはまだ3月の中頃のお話。
「最後の1回にどぉしても行きたい!!ラストチャンスにかけたい!!」というので、
前日にモサモサ雪降りで、少しでも標高の高い山ならいいんじゃないかということで、
約2年ぶりにキロロスノーワールドへ行って来ました。

思い起こすと「スノーボードを始めます!!」と言い出した2016年1月
道具もウエアも何もない状態でオールレンタルして挑んだのがキロロでした。
あの時は猛吹雪、寒い、足痛いで1日券買ったのに2本しか滑れなかったな。っていうだけの思い出。
コースとかなんも覚えてない状態なので、初めて来るような感覚でした。


結局、どこのコースがどこに繋がってるのかわからなかったのでゴンドラで一気に上へ。

上についてもまったく記憶がない。
確かにゴンドラに乗って横のコースを滑ったハズなのに、「あれ?こんなとこ滑ったっけ?」状態(笑)

この日は快晴、無風、気温暖かなのに、雪質はしっかりとした圧雪と所々のパウダーで最高でした。


午前中はとにかくすべてのコースを1回は滑るに専念し、午後からは気に入ったコースでひたすら滑る。

結局、同じコースばかりを滑るのでこんなにコース数の多いスキー場へ行かなくてもいいんだけど、
コース数が多いとお客さんがたくさん居ても混まないからそれはそれで。
特に午後からなんて「貸切か??」と思うほど居なくて、無茶して滑れるし最高でしたね。

春スキーはザラザラのモサモサでノーマルスキーにはツラい。
が例年だったので、最高の雪質だったこの日がラストかぁと思えず。
日も長くなってるからいつまでも滑っていられそうな感覚。

気が付くとあっという間に16時。
あぁ。
今季のシーズンも終わってしまいましたね。とちょっとしんみり。


あぁ。
この日彼はずっとボードの人。
もしかして今シーズンボードで始まりボードで終わってる?
ヨコノリ楽しいらしいです。
よかったね。

しかし、あの日あの時。
あんなに急で怖いと思ってハの字でしか降りてこれなかった斜面が、どこにあるかわからないほど上達したんだな。と改めて知りました。
いや。
まぁ。
そりゃそうだよね。

その後、めっきり暖かくなりまして、道路の雪もすっかり融けまして。
言ってた通りにOFFになりましたねぇ。

さて。
今年のシーズンオフはなにしましょう?




カテゴリー:  の投稿記事

前の日までとっても暖かったのに、雨降る肌寒い4月の日曜日。

手稲富岡にある新築住宅の排水管工事の現場にやってきました。
毎度おなじみの910さん現場です。


「今回は完全に手掘りです!!」
と、超過酷肉体労働と覚悟して行きましたが、基礎工事の遅れにより手掘りはほぼなく。


910さん指揮の元、電気屋さんとメッキ屋さんと整備屋さんがそれなりにこなしています。

手数は揃うけど、本職の人は910さん以外誰も居ない(笑)

塩ビ管を切って繋いで水平取って、切って繋いでを繰り返す。

何度も現場に駆り出されてる方たちだもの、本業でなくてもサクサク進む。


あっという間に排水管と雨水管と汚水管の出来上がり。

午前中に中を終わらせて、午後から外周りと思ったのに、完成してから洗面台の直しが入りやり直すことに。タイミングの悪いやぁ~つっていうのはどこにでもおりますよね。
結果的に直さずともなんとかしたっぽい。
さすが910さん!

お昼食べて、午後から外周りへ

重機あるから楽勝かと思いましたが、掘れば出る出る大きな石。
持って来た発電機が過度の燃料漏れにより、かなり早い段階で戦線離脱。
結局、男たちは汗かきながらスコップ片手に穴掘りすることに。

それでも、17時頃には万事終了。
水道の大元がサビ詰まりのため水が出ず、910さん曰く消化不良らしいですが、ひとまず終わってホッ。

この日のジョリーは特にすることなく。
小学校の頃、近所にあった新築現場の基礎コンクリートの上で遊んでいて足を滑らせて鉄筋が刺さり怪我して怒られたことを思い出しながら、また基礎コンクリートに上がって遊んでいました。
あの頃と違って、無茶に飛び越えたりはしないけど。
あ。
怪我したっていっても、大したことはないし、ジョリー母に「そんなとこで遊んでるお前が悪い!!」と怒られてから遊んでません。
今考えると当たり前のことなんですけどねぇ。子供って怖い!(笑)
でも、今も昔もやっぱり楽しい。
思考回路が変わってないのか?

しかも、何もしてないのに次の日満身創痍だったりなんかして。
な、なぜ???

次はもっと活躍出来るように頑張ります!!




カテゴリー:  の投稿記事

4月

4


ハルウララ3月の日曜日、彼が最近推し娘がゲストで来るからと、昼過ぎにアリオ札幌に行って来ました。

調べると、どさんこワイド朝のリニューアルとアリオ札幌のリニューアルのコラボイベントだったようで。
イベント広場にあるタイムスケジュールを見つけた彼が一言「大家アナに会いたかった!!」
STVのアナウンサーが出てたのは朝イチ。
えぇ~!!
今ごろかよぉ~!!
今さっき知ったことなのに、「朝早く起きれないキミが悪い」って言われた(笑)
まぁ、確かに起きれませんが。。。。。朝方までアニメの消化したましたが(笑)

イベントの大トリゲストが『 瀬川あやか 』さん。
ルスツCMの曲歌ってる人です。
ジョリーはあんまり知らないんですが、全国区で人気もあるらしい。


あっという間に人でいっぱい!
さっきまで居なかった警備員や規制のロープ張られたりなんかして。
すごい!
さすが全国区っ!!

しかしまぁ。

同じような年ごろの同じような体型の同じような服装のヤローどもばっかり(笑)
ちょっと笑いました。

NEWアルバムが発売されたようで、イベント終了後はサイン&握手会。
それもかなりの長蛇の列。
CD買ってあげるから握手してもらえば?って彼に言ったのに、「いや。そぉいうのじゃないので」と断られました(笑)
ここまで来てテレるのか?

ちなみに、sexyzoneじゃなくて、EverZOneって4人組も歌って踊ってました。
ジョリーはまったく知りませんでしたが、メンバーのHIROKIはラジオとかやってるらしい。
有名は有名らしい。
「なまらぶ」とか歌てるらしい。
昔はメンバーいっぱいいたらしい。
ショーパブのお兄ちゃんかと思った(←かなり失礼。)
アベヒロキなら知ってるんだけどなぁ~。

合言葉は『北海道から全国へ』なんだそうだ。

全国区な瀬川あやかさんがサイン&握手会の長蛇の列をさばいてる中、EverZOneも握手会。
うーーーーん。
数えられるくらいの女子。

頑張れ! EverZOne。。。


ちなみに同じ日、かなり身内な推し娘にも会いました。

アンパンマン着て、アンパンマンマーチをたたく。

全国区の推し娘にはお金使わないのに
身内の推し娘には惜しみなくお金を使う

遠いアイドルより身近なアイドルに熱とお金を注ぐってっことかなぁ~?

はい。HONOさんの勝ち。





カテゴリー:  の投稿記事

すっかり春めいて。
GWの計画を立てねばと思っているこの頃。

まだ、休日は雪山におります。

3月の第2はテイネハイランドへ行きまして

遠くに見える光った点が札幌ドームです。

天気は晴れ。 無風。 気温。。。何度?
ちなみにこの日の予想最高気温は6度とかでした。
だから正直、いくら標高が高いからといって期待してなかった雪質。
ザラメ状態のモサモサだと思っていましたが!!!

行ってみると、しっかりと締まった雪面に圧雪の跡。
多少アイスバーンの所もありましたが、とても滑りやすいジョリー好みの路面でした。


前日にひとりで力いっぱいスキーとスノースクートを滑ってきた彼は、この日ボードの人。
ん?
封印したんじゃなかったのか??


少々お疲れでしたが、いい雪面だったおかげもあって、ボードの調子もいいそうです。
ジョリーはかなり調子よかったです。 何か掴めたような。。。

しかし、この時期になるとなぜか増える(目立つ)スーパー初心者スノーボーダー。
大抵マナー違反が多いのですごく怖いです。
コースのど真ん中で寝っ転がっているとか、坂の下で座っているとか、集団でじゃれているとか。
迷惑だし危ない。
実際この日も、2組が衝突で(たぶん)ケガして運ばれてました。
下手なのは仕方ないとして、プライベートゲレンデじゃないのだから、周りに気を遣う、気を付ける気持ちが欲しいところです。
ジョリーも高速滑走しがちですが、迷惑にならないように誰も居ないことを確認して滑ります。
マナー違反は事故や怪我の原因になりますからねぇ。
だからボーダーは嫌いだっ!!となっちゃうんだよねぇ。

といっても、この日となりにいるのはボーダー。
大きな声で『 嫌いっ!!!! 』とは言えず(笑)


朝6時に起きて、8時40分頃到着して、気が付けば15時半過ぎ。
この日テイネハイランドでは国際大会が行われてまして。
国際大会ともなると前日からコースに水撒きしてガチガチに凍らせるわけですよ。
だから、女子大回転コースは急斜面+氷(笑)
ストックは刺さらないし、スキー履いてるのに滑って横に転びました(笑)
滑って降りるなんてとんでもなくて、スキーを履いたまま下山です(笑)
それも途中で脱落。 激ゆるやかな連絡通路に逃げました。
最後の最後でハマったぁぁ~。

それでも、まだ足りない彼は

連続3回オーリー。

とにかく跳びたいんだって。
ヨコノリタテノリも。

ふたりしてやりすぎて、翌日 超疲労感でまったく仕事に集中出来ず。
反省。
でも、学習しないでまたやり過ぎちゃうんだなぁ~。
残念。

あと何回同じ思いが出来ることやら(笑)




カテゴリー:  の投稿記事

札幌市中央区- – - – - – -今日の天気は晴れ。気温1度。風強め。

ジョリーは仕事です。

月に1度の土曜日休みの彼。
残り少ないシーズンに居てもたってもいられなくて?
人生初めてのひとりスキー


かもい岳国際スキー場 リベンジ!!

「結局ここに来ましたよ」とメールがきたのが朝の8時46分。
今日も6時起きですね。
さすがです。

かもい岳国際スキー場のオープン時間は9:00

きっと1番乗りな感じでしょう。

以前はめんどくさいと2枚しか送られてこなかった写真も、今回は「羨ましいだろう!!」と言わんばかりにたくさん送られてくる。

先週あれだけ大雨が降ったとは思えない雪質。

やっぱり内陸は寒いからなのかなぁ~。

ん?
手前の雪跡はバニー跳んだのか???

ちょいちょい送られてくるメールに
「楽しいですかぁ~?」と質問。

「めっちゃ楽しいですっ!!!!!(笑)
パウダーの浮遊感とまでは言いませんが、軽く緩んだ雪もかなり浮いてる感有ります!!!!!(笑)」

なんだ。
ひとりは寂しくて早々に帰って来るんじゃないんだ(笑)

その間もジョリーはせっせと仕事です。
気が付くともうこんな時間。


「楽しかったぁ~!!!!!」とともに送られてきた写真。
めっちゃイイ感じ!!
15:40がリフトの最終時間。
ラストまでめいっぱい滑りたおした模様。

ここまで来るとちょっと悔しい。

本当は土曜日に滑りに行って、日曜日休むのが理想だけど。
ボクたちなら両日滑りに行って、クッタクタになりそうだから、このままでいいのか。
と思いつつ。

3月も中旬。
そろそろスキー場も営業が終わる時期ですね。
もう少し寒い時期が続きますように・・・と思ってるのはごく一部だけだよねぇ。。




カテゴリー:  の投稿記事

雨ですねぇ~。
ツルツル道を歩くのが嫌なので、早く融けて欲しいと思う反面。
山だけは無くならないでくれ!!雪っ!!
と思う今日この頃。。

全道的に『雨予報』だった日曜日。
もしかしたら北へ行けば大丈夫なんじゃないか!と淡い期待を持ってた彼が
朝6時起きで向かった先は・・・・・・・・・・・


【 かもい岳国際スキー場 】

営業時間前に到着するも

やっぱり雨。
それもけっこうなかなりの雨(笑)


諦めきれなくて? ゲレンデまでいってみる。
ひとっこひとり居ない。。。
でも、こんな日でもコースはキッチリビッチリキレイに圧雪してありました。
雨さえなければ。。。

ちなみに、西ゲレンデにも行ってみましたが、オープンの時間なのにリフト動いてない。
ん?
と思いましたが、

メインのロッジに張り出されてました。

風吹いてるか???
ま、まぁ大人の事情ってやつですね。

雨降りなのに諦めきれない一行。
気象庁の雨雲レーダーを見ていたジョリーがあることに気が付く。
「札幌石狩方面雨、旭川方面雨なのに、岩見沢はまったく雨雲かかってないよ?」

所々にある大きく深い水たまりを渡ってここまで来たのに、
また高速にのってとんぼ返りです(笑)

んで、最後の望みをかけて来ました。

【 岩見沢 萩の山市民スキー場 】 2016年以来2度目

この日は感謝祭だったので、滑り放題1,000円でした。

にしても。

こんなにコース短かったっけ?
初めて来たときは、初級者のためこの斜度、長さでも十分に滑れたけど、今となっては。。
とはいえ、短いコースもそれはそれで楽しいものです。

しかしながら、スキー場の気温もプラス4度。
溶けて水分を含んだ雪は、まーーー滑らない。
リフト乗り場付近がほとんど平坦なため、斜度がなくなったと同時にブレーキがかかる感じ。
結果なぜか途中から、いかに漕がないで勢いのままリフト乗り場の近くまで行けるか勝負になり(笑)
滑るというよりは、助走をつけてスピードを殺さない戦いになってました(笑)


この日はスキーの気分だったそうで。 今季3回目。
滑り始めは多少雨もパラついていましたが、それも次第に止み。

午後からはスノースクートにチェンジ。

ちなみに萩の山スキー場も全コース滑走可です。

っていうより、こんなの持ち込む人が居ないんですよ。
ここのスキー場ではリフトのスピードダウンはされませんでしたが、スタッフ、他のお客さんから好奇の目で見られてましたからね。
まぁ、仕方がない。

その間も気温は上がり、雪質はさらに水っぽく。

一カ所あるジャンプ用小山も、途中で勢いが止まるので下から見ていると『ぬっ』と顔を出すだけの始末(笑)
本日一番の爆笑ポイントも写真じゃ伝わらないなぁ。


途中晴れたりなんかして。
今日はここに来て正解でした!ととっても嬉しそうな彼の横で、このままナイターまで滑るのか?と不安になってくるジョリー。


本当にナイター照明が点きましてもまだしばらく居ました(笑)
気温が少し下がって、滑りやすくなったから仕方ないですけどね。
ジョリーもこの時間が一番全開の滑りだったし(笑)

3月。
雪は融ける一方ですね。
今日、明日は雨降り。
週末もプラス気温。

今年最初はとても寒かったので、本当にGWまで楽勝に滑れるんじゃないかと思ってましたが、
当たり前だけど、春になると暖かくなるんですねぇ。
なんだか残念な気持ちになるのはなんででしょうね。





カテゴリー:  の投稿記事

北海道にダブル低気圧が直撃して交通網マヒって言ってるのに、心配するのは週末の天気だけ。

ちょっと時間が経ちましたが、2月の中旬に知る人ぞ知る?スキーヤーのメッカとも言われる
かもい岳国際スキー場(北海道歌志内市歌神95-9)へ行って来ました!!

内陸ともあってすごい雪。
道路の両サイドは雪の壁。


温泉宿のあるメインの駐車場はいっぱいで入れなかったので、西ゲレンデ側に止めまして。
車はそこそこ停まってるのに、ゲレンデを滑ってる人を見かけない。
もしかして閉まってるんじゃないかと少々不安になる一行。

山小屋のような建物をぬけてゲレンデに出ると。
「わぁぁぁ~!これはひょっとしてひょっとするかも!!!」とテンションもUP!

ひとまず、リフトに乗って頂上を目指します。

いやぁしかし、なんていいお天気なんだろう。
気温は低いのに、晴天、無風。少ないお客さん。


滑る前から期待に胸踊らされてテンション上がりっぱなしです。

ボード2名にスキー2名。

下手だと聞いてたM婦人。
ちっとも下手くそなんかじゃなく、むしろ彼よりキレイなフォーム(笑)
上手い下手の基準の違いが明らかにっ!!(笑)

3回くらいボードやりましたら、すぐさまスノースクートにチェンジ!

なんだよ。新しいビンディング買ったんだから最後までボードすれよと思いつつ、
ボードでは急斜面がツラいのでスノースクート方が楽しいらしいです。

あ。
かもい岳国際スキー場は全コースでスノースクート滑走可です。
ただ、リフト乗る時にあからさまにスピード落とされます(笑)
要注意と思われているんだろうと思います(笑)


このスキー場は東西にコースが分かれているので、反対側のコースに行くにはリフトで頂上まで登らないと行けません。
頂上でコースが繋がっているのです。

せっかくなので、メインの方にも行ってみる。

どのコースも斜面が適度で、なによりコース途中でインターバル的に平らになるところがなく、
下まで一気に降りられるので、爽快かつロングコースを滑ってる満足感もあり最高に気持ちいいです。


ただ、スキーに特化してるスキー場なのでボードの人には少々ツラいかも。
そこそこの急斜面、しっかりとした圧雪、疲れない程度の距離で、ジョリーにはモロ好みです。
ここは競技が行われてるだけあって、初めて見た『Tバーリフト』

始めはこのバーに掴まるのかと思っていましたが、ワイヤーが伸びて背中(お尻)から引っ張られる感じ?
やってみたかったけど、彼はスクート。
これはまたいつか行くときに!

そして、このスキー場の面白い所は同じコースで隣り合わせに圧雪と非圧雪の2種類が存在してるということ。通常ならコースごとに分かれていて、圧雪好きとパウダー好きは一緒に滑れるとこはないのですが、同じコース内で左右に分かれてるので、どちらも同時に楽しむことができる。
こんなコース造り初めて見るかも。

と、いうことは。
パウダー好きの人と一緒に滑っていると、感化される男がひとりいまして。

いつの間にやら「ボクは無類のパウダー好きですから!!」と言い出す始末。

これだけいいお天気だと、雪に板を引っかけて前転した後、雪まみれになっても楽しいのだそうだ。

本当に今季1番の日だわぁ。


力いっぱい滑ったから疲れてるハズなのに、この日はなんか物足りない感じ。
でも、リフトの運行時間が15:40までなので、最後の最後まで粘って。

貸切状態のゲレンデをそれぞれ思いを噛みしめて滑る。

う~ん。
大袈裟(笑)


でも、それくらい最高でした。
今のところ、シーズンチケット買ったらいいんじゃないかと思うほど行っている夕張を抜いて
1番最高なスキー場になりましたよ。

さてさて。
季節は3月。
昨日今日は大荒れで外出禁止も出ている所がある中、週末はプラス気温。
下手したら雨。。。
今シーズンもどこまで雪山に行けるのでしょう?

きっとこの日は越えられないなぁ。




カテゴリー:  の投稿記事

朝6時半に起きまして、7時に朝ごはん、7時50分にはホテルをチェックアウトして、8時20分頃にスキー場到着!

駐車場が混むと思っていたら、到着した時はガラガラでした。
オープン前から駐車場に並んでいるのは札幌市内のスキー場だけなのかもしれない。
でも、チケット売り場はビックリするくらい並んでたけど(笑)
早く行ったら、早めにチケット買いましょう!

前日は富良野ZONEだったので、この日は北の峰ZONEからスタート!


前日に滑って学んだことは、富良野のコースは初級コース=ゆるやか、中級コース=そこそこ急斜面って事ではなくて、初級コース=圧雪したコース、中級コース=非圧雪のコースということ。
斜度と傾度が初級、中級であまり変わらないコースが存在しているから不思議でしたが、そお言うことっぽい。

って学んだので、初級コースを中心に滑ることにしたのですが。。。。。

ゴンドラに乗り頂上を目指している最中に気づく。
ん?
周りが見えないんですけど。。。。


たどり着いた山頂は雪降り。
北の峰ZONEの頂上は上級コースと中級コースしかない為、心して滑る。
最初はよかったんだけど、コース途中からやってくるアレ。。

<< 濃霧 >>

前も後ろも右も左も数メートル先がまったく見えない。
怖くて手探りな感じで降りる。

この日は、この辺の気温からしたらちょっと高め。(ちなみに札幌市内の予想最高気温は5度の日でした。)
高い山なので、山頂は雪、中腹は暖かい気温が溜まって濃霧、下は冷たい冷気が溜まって寒い。
1番いい場所がちょど濃霧。
前日からの雪降りも加わって斜面はモサモサ。
見えないし、モサモサに足取られるしでかなりツラい。


ちなみに、中間のリフトに乗るとこんな感じ。
この霧が晴れた先に黄泉の国が待ってるような雰囲気。ちょっと怖い。
でも、濃霧の中って暖かい。それがさらに気分をゾっとさせる(笑)

下まで降りてくると視界が開けるので、気分もいいし一気に楽しい(笑)
でも、すべてのコースが短いのでなんか物足りない!
意を決して、連絡通路リフトに乗って北の峰ZONEから富良野ZONEに行ってみる。
約1キロを風もない濃霧のなかリフトに乗って渡る。

しかし!
渡った富良野ZONEは前日同様の雪降り。
濃霧よりはマシと思い滑るも、非圧雪はやっぱり慣れない。


物は試しとロープウェイにも乗ってみる。
折り返し運転ではなく時間時間の運行なので、ちょっと待つ。
各自板を手に持って乗り込む。もちろん全員立ったまま。
そもそも、ゴンドラとロープウェイって何が違うのだろう?

再度頂上から滑ってみるもやっぱりしっくりこない。
何度か上がったり下がったりしてみたけれども、昼時間を気に北の峰ZONEに戻ることに。

来る時はリフトだったけど、戻る時は当然滑って帰ります。
ここの連絡通路は中級コース。
そこそこ斜度あると思いきや。

かなり緩やか。

片足で漕ぐのも疲れて

サーフィンのように漕いでみる

でも結局こうなる(笑)


どこが中級コースだよ!!平坦じゃん!!なんて言ってたのもつかの間。
きっと下手ではないであろう他のボーダーが「げっっ!マジっ??」って引くくらいの斜面が現れて(笑)
平坦と急斜面を足して2で割ると中級コースってことだよね。
恐るべし富良野。

しかも、戻ってきてからのトラブル発生!


ビンディングが壊れました。

右足つま先側の押さえが切れて落ちまして。
なんとか降りてきたものの、この状態では乗り続けられないので、ひとまず昼ご飯からの

スノースクート

富良野スキー場は北の峰ZONEのみスノースクートOKです。


スノースクートと一緒にゴンドラにも乗っちゃって。

あぁ。
本当なら後方に山々が見れるんだよなぁ~って思いつつ。
この時間になると、濃霧はないけど大雪降りで見えません(笑)

斜度がキツ過ぎてスノースクート楽しくないらしい。


・・・・・・give upっ!!!!!

結果。
ジョリーたち一行は富良野スキー場に受け入れてもらえませんでした。
残念。。

スキー遠足に来てわかったことは。
リゾートスキー場はむいてないってこと。
リゾートスキー場にはすごく上手な人が居ないってこと。
外人は若くても老いててもカッコイイってこと。
ジョリーはやっぱりパウダーは好みじゃないってこと。
ここまで遠くまで来なくても満足できるってこと。


あーーーーーぁ。

2日目の夜に温泉宿泊にしておいて本当に良かった。
おかげで体が痛くないしツラくない。
朝ごはんはかなり残念でしたが、白金温泉の湯はとっても良かったです。
このジョリーが早起きして朝風呂に入っちゃったくらいですもの。
ここ最近の温泉はハズレないのになぁ。

ちなみに、帰りにチラッとみたこのくらいのスキー場が何気に楽しいもんだと思いました。

中富良野北星スキー場

何事も勉強ですな。
今回のスキー遠足もスキー学習ということで。

ところで、2日間ずっとボードに乗ってましたけどヨコノリ卒業したんじゃなかったでしたっけ?




カテゴリー:  の投稿記事

昨シーズンから「行きたい!行きたい!」と思っていたけど、
いつも決断が遅くて宿が取れず(空室無いか、高額すぎて泊まれないか)で断念していましたが。
無理やり3連休を取りまして。

行って来ましたスキー遠足!!!

ニセコ・・・とも思ったのですが、今回は『富良野スキー場』へ

前日まで連チャンで滑るのはツラいから止めよう!って言ってたのに、
普段の旅ではほぼ使わない高速に乗っちゃって、気が付いたらスキー場到着。

新富良野プリンスホテル側にある富良野ZONEを下見。


と思ったけど、来たんだもの滑りますよね。

到着したのが11時過ぎ頃。土曜日だから?駐車場は混んでないし、人もまばら。

ただ、スノーリゾートとだけあって外人の方がわんさかいます。


東北を含める日本海側は大雪警戒警報が鳴り響いている最中の連休。
内陸の富良野だってやっぱり雪です。

ロープウェイは何だか得体が知れないので、4人乗りフード付き高速リフトに乗っていざ!!


頂上まで行くのに体に雪が積もるくらいの雪降り。
寒いというより顔が冷たいです。
そして、滑ってる中でゴーグルに雪が積もる(笑)
前が見ずらい。
斜面はふわふわのパウダー。
それだけならいいのだけれども、みんなで滑ったらモサモサのボコボコ。
ボードの彼は楽しそうだけど、スキーのジョリーは結構ツラい。
滑ってるというよりも降りているという感じ。

ホテルのチェックイン時間があったので、3時間券でしたが1日滑ったのと同じくらい疲れたぁ。


帰る頃になって雪が止む。
それでも、雄大な景色を拝めることは出来ずに終了。

連休中の天気はあまりよろしくないですが、翌日に期待っ!!

あ。
上富良野にあるホテルのビーフシチューのハーフコースはハーフなだけあって量が少ないです。
モリモリ食べる人はお気を付けを!!




次のページ »