居酒屋、バー、スナック、パブ、クラブ、お得なクーポン付きすすきのグルメ飲食店情報サイト

HOME   >  今月の特集

ススキノで感じる季節の味、それは特別なものに違いない。
食材の持つ個性が存分に活かされた料理は料理人の丁寧な仕事が施され、風味、食感、香りを大切にしたもの。
心躍るひと皿を酒とともにじっくり味わいたい。

特選秋の味覚 イクラ丼
1,500円
 

北海道近海の漁港から直送された活魚を生簀から選んで、北海道の味覚を豪快にまるごと楽しむことができる店。生イクラを使った「イクラ丼」1500円はまさに今が食べ頃。秋の味覚の定番、サンマは釧路や根室から直送! 丁寧に炭火で調理した「サンマ焼き」は思わずご飯がほしくなる! 要望があれば刺身で提供することも可能。「舞茸の天ぷら」は道産キノコを使用しており、塩で楽しむのがオススメ。

 

炭火で丁寧に焼いたサンマ焼き800円。「季節物なので今がオススメ!」と店主

 
店名 活魚・海鮮・炉ばた いそ舟
住所 中央区南6西6 LC八番館1F
TEL

011-513-1075

営業時間 17:00〜3:00(日曜・祝日〜0:00)
定休日 不定休
 
 
えりも産 生ししゃも
800円
 

契約漁師から産地直送で仕入れる食材を使った料理を、低価格で提供する店として人気の「一意」。写真手前の「えりも産 生ししゃも」は一夜干しと比べて柔らかく、ほどよく脂がのっていて上品で優しい味わい。干しているものと違い、フワッとした食感を楽しめるのが生ししゃもの魅力。また、写真奥の「えりも産 生こまい」600円は淡泊で食べやすく、素材の旨みを最大限まで引き出した文句なしの美味しさ! どちらも酒の友として最高。美味しい酒と秋の味覚を十分に楽しんで。

 

すべて鹿児島から取り寄せている厳選された焼酎も楽しめる

 
店名 和み処 一意
住所 中央区南6西4 すすきのゼロ番地B1F
TEL

011-531-1117

営業時間 17:00〜2:30(LO1:30)
定休日 日曜・祝日休
 
 
根室産 生さんま刺身姿盛り
780円(税抜)
 

南3条エリアにオープンしたばかりの海鮮居酒屋で今年の初もの、脂ののった"生サンマの刺身"をぜひ! 海鮮は産地直送で新鮮! ほか、秋の野菜も豊富に取り揃えており、"黄金じゃがいもインカのめざめ"はじゃがバターで540円、長ナスは炭火で1本焼き680円、シイタケ580円、マイタケは炭火焼きやバターステーキ、天ぷらとして各620円で調理が可能! 料金は全て税抜。季節によって食材が変わり、いつ訪れても旬の味覚をたっぷりと感じられる。狸小路3丁目からすぐなのでアクセスも便利!

 

道産魚介、道産野菜、北海道の地酒など北海道のうまいもんがたくさん味わえる

 
店名 どさんこキッチン レトロなごりら 南3条店
住所 中央区南3西3 Nメッセビル1F
TEL

011-596-6663

営業時間 16:00〜1:00(金・土曜日〜3:00、日曜・祝日〜0:00)
定休日 年中無休
 
 
生シシャモの刺身
1,280円(税抜)
 

上品さを求められる接待や大事な会合などで利用したい和風割烹居酒屋。素材にこだわる店主が自信をもってオススメするのが「生シシャモの刺身」。獲れたばかりのシシャモを入荷できるのは限られた期間しかなく、10月の1ヵ月間限定での提供。自家製の刺身醤油にサッとくぐらせて食べる贅沢な逸品で、「身が甘くて歯ごたえがしっかりしているのが特徴です」と店主。日本酒との相性もピッタリ!

 

岩盤プレートで焼くエゾシカ肩ロースなどは栄養満点でヘルシー!

 
店名 四季鮮菜 喜田乃
住所 中央区南5西5 モモヤビル5F
TEL

011-804-8855

営業時間 17:00〜1:00
定休日 日曜・祝日
 
 
伸之輔カリー 季節の野菜トッピング
(写真は伸之輔カリー会席季節の野菜の1品)
3,400円(税抜)
 

北海道産の甘エビとタマネギ、10種類以上の野菜を使用したカリーは、たまり醤油をかくし味に使ったマイルドな和風カリー、ガラムマサラやケジャンシーズニングなどを効かせたスパイシーなカリー、月替わりで提供する「今月のポップアップカリー」の3種類、ご飯は土鍋で炊きたてを提供。「伸之輔カリー会席」は、この中から好きな2種類のカリーをチョイス、先付け盛り合せと日替わりのスープがついて2800円(税抜)。秋を感じさせる「季節の野菜トッピング」600円(税抜)は、素揚げしたナス、マイタケ、ササゲマメ、カボチャが添えられる。完全予約制、当日予約可。

 

マイタケ、マンガンジトウガラシと厳選和牛ヒレステーキ3500円(税抜)

 
店名 カリー割烹 伸之輔
住所 中央区南6西4 プラザ6・4ビル2F
TEL

011-211-6885

営業時間 18:00~2:00
定休日 日曜日休
 
 
サンマ刺し
1人前 800円(税抜)
 

脂の独特な旨みがたまらない「サンマ刺し」は新鮮さが命。「つくし」では釧路・根室方面から大きく型の良いものを厳選して仕入れており、鮮度も脂ノリも抜群! プリプリの弾力ととろける上品な舌触りがクセになる逸品だ。サンマといえば定番の"焼き"も外せないが、これももちろん注文可。刺身と焼きという2種類の味わい方で楽しめるので食べ比べもオススメしたい。さらに宴会コースでは炊き込みご飯や棒寿司でも提供してくれる。味覚の秋をじっくり堪能したいなら訪れておきたい1軒だ。写真は2人前。

 

秋限定の銘酒はしっかりとした味わいが特徴。料理の味を引き立ててくれる

 
店名 和・ダイニング つくし
住所 中央区南5西4 日劇ビル3F
TEL

011-513-0294

営業時間 17:30〜0:00
定休日 日曜日休
 
 
サンマの炊き込みご飯
700円
 

美人女将と女性スタッフで切り盛りする話題のおばんざい処。メニューの大半が500円〜という低料金で心温まる家庭料理が楽しめるというのが人気の秘訣。じっくりと時間をかけて作った「さんまの炊き込みご飯」は要予約のイチオシメニュー。「ナスの味噌チーズ焼き」は女将が自信を持って提供する創作和食。「インゲンの煮物」は酒のあてにピッタリな優しい味となっている。レアな酒も用意しているのでそちらも要チェック。

 

「ゆるりとした雰囲気が大ウケ!」サラリーマンを中心に連日大盛況

 
店名 おばんざい 菘(すずな)
住所 中央区南4西3 第3グリーンビル5F
TEL

011-206-9229

営業時間 18:30〜23:00(LO 22:30)
定休日 水・土・日曜・祝日休
 
 
いくらうにぎり
830円
 

鮮度抜群の天然魚介を浜直価格で提供してくれる「函館開陽亭」。数あるメニューのなかでも注文があとを絶たないほど人気なのがイクラたっぷりのおにぎり!! ふっくら炊き上げたご飯にイクラをたっぷりと乗せ、さらに生ウニと塩ウニも加わり、得もいわれぬ美味しさが口のなかいっぱいに広がる。大中小とご飯の量も値段いっしょで調整可能。函館開陽亭すすきの南7条4号店ほか開陽亭すすきの全店と開陽亭別邸大三坂で味わえる。写真はイクラ増量+150円。

 
 

「いくら醤油漬け」や「いくら丼」なども用意

 
店名 函館開陽亭すすきの南5条2号店
住所 中央区南5西6 開陽亭ビル1F・2F・B1F
TEL

011-512-2747

営業時間 17:00〜0:00(日曜・祝日〜23:30)
定休日 年中無休
 
 
秋の贅沢三昧
19,800円(税抜)
 

昨年好評だった「A5道産黒毛和牛・マツタケ・ウニ」がセットになった秋限定の人気メニューが今年も登場! 和牛は「シャトーブリアン・サーロイン・ヒレ」の3種、マツタケはスライスしたもの、ウニ1折、旬食材の内容(要前日迄予約)。溶岩石で焦がすことなくじっくり焼けるため、ジューシーな味わいを堪能できる。マツタケやウニを肉に巻いて食べるもよし、タレにウニを絡めて食べるのもよし、食べ方はあなた次第。ほか、カボチャや銀杏など秋の道産野菜も豊富。仕入れによって価格変動あり。詳しくは問い合わせを。

 

美味しいお肉に合う日本酒や焼酎、ワインを常備。

 
店名 和牛処 松っつん
住所 中央区南5西3 第35桂和ビル1F
TEL

011-211-5970

営業時間 18:00〜0:00(LO 23:30)
定休日 日曜日休
 
 
北海道漁港直送
生秋刀魚の姿刺身
890円(税抜)
 

北海道産の新鮮な食材を独自のルートで仕入れる「北海道増毛町魚鮮水産」。各地の漁港から直送される魚介類はどれも鮮度抜群だ。根室、厚岸、釧路から取り寄せている「生秋刀魚の姿刺身」は、1人前でまるまる生サンマを1尾使用。数量限定ながら格安で毎日提供中だ。このほか、新篠津村産のスイスチャードやロマネスコスパイラル、アイスプラントなど珍しい野菜を日替わりで用意。これらの料理と、増毛町の酒蔵「国稀酒造」の「ひやおろし」や「吟風国稀」などの美味しい地酒で秋の味覚を堪能できる。

 
 

イクラなど11種類の中から3種の好きな海鮮を選べる海鮮丼980円(税抜)

 
店名 北海道増毛町魚鮮水産すすきの店
住所 中央区南4西3 第3グリーンビル1F
TEL

011-530-1021

営業時間 17:00~1:00(金・土曜・祝前日~3:00、日曜・祝日16:00~0:00)
定休日 年中無休
 
 

今月の特集

このページのTOPへ